ココナラご利用事例

ココナラをご利用いただいている方の声や活用方法をご紹介します。

初めてのイラスト発注が成功し、教材動画のナレーションも依頼。初開催のコンテスト集客や制作フローの効率化に成功!

f:id:coconalabiz:20190822113143j:plain

株式会社エドベック

中学生を中心とした英語教材の開発・販売に始まり、現在は民間教育機関向け教材・システム開発、コンサルティング、日本語教育教材開発、さらに世界380万ダウンロードを突破したスピーキング・トレーニングプラットフォーム「MyET」を運営する株式会社エドベック(トンクス・バジル社長、横浜市西区)。生涯にわたる語学教育の支援を通じて、クライアントとともに豊かな学びのコミュニティの拡大を図っています。

同社で初めてココナラの活用に取り組まれた、法人サービス事業部クライアントマネージャーの中萬謙太朗さんにお話を伺いました。

  • ココナラを活用したもの
    • ・英語スピーキングコンテストの広報に使う、多数のアニメ風イラスト
    • ・日本語eラーニング教材の動画に使う、ナレーション
  • ココナラを選んだ理由
    • ・豊富なポートフォリオ(デモ音源)を実際に確認しながら、希望するイメージに合う作風(声質)の出品者を選ぶことができたため
    • ・発注が初めてでも、トークルームで出品者の方と相談しながらつめていくことができたため
    • ・オンライン上で完結するため、既存の制作フローからリードタイムが短縮され、クイックな制作が可能だったため

1 ココナラ活用の経緯

コンテストの初開催に向け、広報用の「アニメ風イラスト」を描ける人材を探していた

―ココナラをご利用されようと思った背景を教えてください。

f:id:coconalabiz:20190822113219j:plain

中萬 謙太朗さん

弊社は全国の学習塾や学校を通じて、スピーキングのトレーニングシステムや教材を自社制作・提供しています。2年前に初めて、弊社主催による英語の「MyET スピーキングコンテスト」を開催することになりました。参加対象者は小学生から大人まで幅広く、またインターネットのアプリを通じて参加するシステムのため、国内だけでなく、台湾や中国など海外からも参加が予定されていました。

そこで開催にあたり、コンテスト参加者の中でも特に中心となる中学生の関心が高まるよう、コンテストを告知するための「アニメ風イラストの入ったポスターと動画」を急きょ作成することになりました。社内にはもともとデザイン制作ができる社員がおり、これまでも社内でカタログや教材のデザインはしていましたが、アニメ風イラストが描ける社員はいません。今回は急ぎの仕事であるために既存社員のスキルアップには時間が足りないことや、今回のために新たにイラストレーターを採用するということも難しく、必然的に外部に依頼することになりました。

―なぜココナラで発注しようと思われたのでしょうか。

今回希望していた”アニメ風”といったイメージに合う作風で描いていただける、出品者の方をスムーズに見つけられたためです。

ココナラで出品者の方を検索すると、一覧画面の時点で作品例が出てくるので、出品者の方々の作風を簡単に比較することができました。サイトの見やすさと出品サービス数はダントツですね。ポートフォリオが分かりやすいし、しかも種類が多いのが魅力。これだけ作品がたくさんあると、出品者ごとに作風がどれだけ違うか、一覧で比較検討することができます。私の中でも、完成後のイメージがより具体的に浮かび、そのイメージにあった出品者を選ぶことができました。

また、今回は急ぎの案件でもあったので、コンテストのスケジュールに間に合うよう「こちらが希望する納期でやっていただけるかどうか」というところが気になっていました。しかし、この点に関しても、購入前の時点で出品者の方に相談して決めることができたのが良かったです。 

2 ココナラ導入事例

不安だった初めての「イラスト発注」が成功!さらに「教材動画のナレーション」まで依頼

―実際にはどのように発注されましたか。

f:id:coconalabiz:20190822113354j:plain

発注した当初は、自分の中で「専門の業者に依頼するのが普通」という固定観念があったため、「なんとなくオンライン上で依頼するのって不安だな」という気持ちも、若干ありました。そこで、まずは依頼したものがどのように制作してもらえるのか確認するため、出品者の方にはこちらで予定していた20パターン中のうち、まず1件を依頼させていただきました。

しかし、当初の不安をよそに、実際に出品者の方から納品されたイラストは本当に満足できる出来栄えでした。「最初の1件でこれなら、全く問題ないな」と安心できたので、残りの19件も同じ出品者の方に、1週間に1,2件ずつといったスピードで順次発注しました。

―出品者の方とのやりとりはどのようにされましたか。

実はイラストの発注は今回が初めてで、具体的な依頼方法がよくわからないところからのスタートでした。
しかし、そのような状態でも、出品者の方に相談しながらつめていくことが可能だったので、安心してやりとりを進めることができました。

例えば、出品者の方へ要望やイメージを伝えるにあたっては、ネットのフリー素材写真の中から、「こんな構図が良さそうだな」というイメージに近いものを探して共有していきました。送ったフリー素材の写真には写っていない靴の部分や、イメージに合う服の色など、依頼時点で決めきれていなかった詳細部分についても、出品者の方と話し合いながら決めていくことができたので、有り難かったです。ラフ案→(カラーが反映された)色校→最終稿と、各段階ごとにトークルームで随時確認しながら、スピーディーにやりとりを進めることができました。

出品者の方とのコミュニケーションも、最初は初対面ということでお互いに恐縮していた感じでしたが、件数を重ねるにつれて、最後の方にはオンライン上のやりとりなのに息がぴったり合うようになり、かなり楽でした。一度依頼すると、コミュニケーションがスムーズになり、毎回のやり取りが楽になりますね。

f:id:coconalabiz:20190822113440j:plain

―制作したイラストの反響・効果はいかがでしたか。

f:id:coconalabiz:20190822113527j:plain

満足のいく作品を作っていただき、大変感謝しております。実際に購入後の評価も、高い評価をつけさせていただきました。

制作したイラストをご覧になった外部の方からも大変好評です。特に、イラストが入った動画は5万人以上にご覧いただき、視聴した中学生からは「親しみやすくてコンテストにも気軽に参加してみよう!と思えた」というご意見をいただきました。海外では日本のアニメや小説・イラストなどから日本語に関心を持った人も多くいます。このため、今回のようなアニメ風のイラストで告知ができたことで、海外を含めた様々な地域から多数の参加者を集めることができたのだと思っています。

さらに同じ業界の方からも反響がありました。教育関係の業界は保守的だと言われますが、アニメ風イラストでのポスターや動画、インターネットを活用した広告展開に『これは斬新だね!』という反応をいただきました。塾業界でのプレゼンテーションでも、このイラストが入った動画を流し、チラシ類も配布したところ、『どうやって作ったの?自分たちで作ったの?』と聞かれました。注目していただけたのは嬉しかったですね。

―イラスト以外でも発注された案件はありますか。

実は、弊社のeラーニング教材「にほんごdojo」のプロモーション動画のナレーションも、ココナラで依頼したものです。

近年、外国人技能実習生や就労者・留学生など、日本語を学ぶ外国人の方が増えています。この教材は、そのような外国人の方々が、日本語能力試験(JLPT)の合格を含め、日本語を習得するための教材で、英語・ベトナム語・中国語に対応しています。

イラスト制作でココナラのサイトを見ていた際に、ナレーターの方も出品されていることを知り、この教材のナレーションもお願いできるのではと思い、発注することになりました。

―ナレーションを依頼する、出品者の方はどのようにして選ばれたのでしょうか。

先ほどのイラストのように、ココナラでは各出品者の方のデモ音源がアップされているので、こちらの要望に合った声質・トーンの方を聞き比べることができます。

今回もさまざまな出品者の方の声を聴き比べていきながら選んでいきました。外国人技能実習生や就労者・留学生など、日本語を学ぶ外国人の方向けの教材に使うということで、多くの出品者の方の中から「女性で、若すぎず、落ち着いた声のトーン」の方を見つけてお願いしました。女性アナウンサーに近い雰囲気のイメージです。

―制作したナレーションの満足度や印象はいかがでしたか。

f:id:coconalabiz:20190822113729j:plain

ナレーションのクオリティの高さに加え、一連のフローがかなりスムーズで、クイックにナレーションを制作することができ、こちらも大変満足しています。

弊社では独自に教材を制作しているので、自分たちで英語ネイティブのナレーション音源の収録も行なっています。しかし実際の収録作業には、ナレーターの依頼や録音スタジオを借りるなど、準備や段取りに時間や手間がとられていました。

ところがココナラの場合、自宅に録音機材がある出品者の方が多いので、スタジオ予約は必要ありません。ナレーターの方とのスケジュール調整も、出品者の方が納期にあわせて自分のタイミングで録音作業を行うので不要です。発注側はココナラのサイト上で「吹き込んでほしい文章」などの依頼要件を送り、出品者の方にはその要件をもとに録音し、トークルームで音源を送ってもらうだけで完了します。リードタイムが飛躍的に短縮でき、非常に画期的でした。

特に今回の場合、出品者の方には「教材で使うナレーション」であることなどを説明した上で、声のトーンもシチュエーションに合うようにお願いしました。また、あらかじめ動画の構成シート(絵コンテ)をシナリオとしてお送りし、「何秒で読み上げてください」と依頼。このように具体的に依頼したことで、仕上がりも非常に早く、数日のうちに納品していただくことができました。

3 今後の展開

ココナラを活用して、”楽しくて実際に身につく教材”を開発していきたい

―今後ココナラをどのように使っていきたいですか。

今後も引き続き、イラストやナレーションをココナラの出品者の方に依頼していきたいと思っています。

現在、小学校からプログラミングと英語が必修になる時代が来ています。かつては教材に英語のCDが付いて、CDプレーヤーで聞いていた時代でしたが、現在はICT化が進み、アニメーションを含む動画素材などが理解を深めるために積極的に活用されるようになりました。そうなると、動画につけるナレーションもセットで必要になってきます。

さらに、日本語の翻訳で活用させていただく機会も増えそうだと思っています。日本語学習教材「にほんごdojo」は、すでに英語・中国語・ベトナム語地域で利用いただいていますが、それ以外の地域、例えば韓国語やロシア語などにも対応するなど、事業を拡大していった場合その翻訳をお願いすることもあると思います。

グローバリゼーションとともに、ICTも語学教育分野で拡大しています。ココナラを活用しながら、新しいYouTube世代・タブレット世代にも受け入れられるような、”楽しくて実際に身につく教材”の開発を目指していきたいと考えています。

f:id:coconalabiz:20190822113847j:plain

 

f:id:coconalabiz:20190822114439p:plain

株式会社エドベック

自分を豊かにし社会を豊かにする上で、「学び」を大切だと考えるコミュニティと共に、人々が自ら学ぶ意欲と勇気が出るサービス、教える人が輝きを増すことのできるサービスを提供しています。さらに、人々の成長ステージに応じて、新しい学びのコミュニティを創造し、夢を実現する力をサポートし続けています。

会社サイトhttps://www.edvec.co.jp/